ファクタリングはデメリットも比較しよう

ファクタリングを利用する事で売掛金を素早く現金化できますが、メリットだけに焦点を当てるのではなく、きちんと利用後のデメリットに関しても比較をしておく方が安心して利用できます。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

まず知っておく事は、手続き上手数料が必ずかかりますので、売掛金がそのまま全て現金化になる訳ではないことを覚えておきましょう。



手数料は安ければ5〜10%程度、それ以外でも20〜30%かかる事もあります。

ファクタリングを行う際の比較として、2社間または3社間どちらで取引するかも考えておかなくてはいけません。2社間は利用者と業者の間での取引となるので現金化までの対応などもスピーディーですが、貸し倒れなどのリスクも高まるのと、大手企業の参入も少ないというようなこともあります。

3社間となると利用者と業者だけでなく、売掛金の企業にも通知を行って取引を進めていくので、取引先企業に自分たちの会社の資金繰りが出来ていないという風に知られてしまう事がやはりデメリットとして挙げられます。


安全度は高いので手数料は抑えられますが、自社の信用に関して若干不安視されてしまうという事になるのです。


手形取引が普及している反面、ファクタリングはまだまだこれからと言う部分も少なくありません。



欧米ではポピュラーな資金調達ですが、慣れていない日本では比較もきちんとしておかないと、余計なトラブルに見舞われることもあります。

良し悪し両方を理解した上で使っていくことが大切です。