ファクタリングの2社間と3社間の比較

ファクタリングは売掛金を現金にする事というのはだいぶ理解が進んできていると思いますが、いろいろ調べていくといろんな比較要素があって難しさも感じるのではないでしょうか。

ファクタリングのおすすめ

利用しようかと考えている時に手数料などのチェックをしていると、2社や3社と言うような単語もちらほら見かけます。これもファクタリングを使うときに大事な比較部分となるので、しっかり理解できるようにしておきましょう。

ファクタリングは大きく分けると2社間または3社間で行われますので、比較する時には必ず見ておく部分となります。



3社間というのは、利用者と業者、そして売掛金企業との3社で取引を行うので「3社間」と言います。


これを見ていると分かるように、売掛金を買い取ってもらうという事を先方企業に伝える事となるため、信用が低下したりすることはあるものの、手数料が低くなって売掛金額の買取代金が高くなることなどが挙げられます。


また、2社間は売掛金企業は間に入ることなく、利用者と業者だけで取引を行うため「2社間」という取引になります。

取引先に売掛金を譲渡するという通知は行かないですし、即日現金化もできるので、少しでも早く資金調達をしたいという時には視野に入れたい方法です。どちらにもメリットやデメリットはありますから、利用する側の状況を踏まえた上で選択するといいでしょう。



資金繰りをスムーズにする手段の一つとして、ファクタリングも比較しながら使って下さい。