東京においての自然葬

自然葬を望まれる方が増えています。

東京においても霊園や墓地を造らない自然葬は、環境に優しく自然を保護するという意味においても注目。


また少子高齢化により後継者がいない方にとっては、後の墓守などの心配がいらない方法として選択されることが多くなっています。



東京の自然葬には、海や山などにパウダー状にした遺骨を撒くという散骨。


墓地として許可されている場所で、樹木や花などを墓標として遺骨を埋葬する樹木葬などがあります。日本では、江戸時代から檀家制度により墓を持つということが一般的でした。
1948年、墓地・埋葬等に関する法律の制定。
また刑法、遺骨遺棄罪などにより、散骨が違法とされていたという事情があり、お墓を持つことが通常となっていました。
1991年、「葬送の自由をすすめる会」が発足したことをきっかけに、故人の遺志、また遺族の意思により、亡くなった人を自由に埋葬するという風潮が起こります。


そのような背景もあり、東京をはじめ各地で自然葬が広まり注目されるようになりました。

樹木葬は花や樹木などを墓石の代わりし、自然の中で安らかに眠りたいという希望が叶えられる埋葬法で、山の中で埋葬する里山型、施設内にある公園型など。


また海や山等の粉骨を撒く散骨。


雄大な自然に還るというロマンがある埋葬法です。

山、海、樹木、花などの自然が好きで、亡き後に、好きな場所で好きな形で埋葬する方法を選択するという東京の自然葬。



多様化した現代に注目され、選ばれている埋葬法の1つです。